研究テーマ

研究テーマ:  統計解析、特に計算機や情報科学への応用を意識したデータ科学

鈴木譲教授は、下平英寿前教授の後任として、2017年4月に統計数理講座に着任しました。計算機や情報科学への応用を意識したデータ科学という点では、下平前教授と同じ方針です。たとえば、ベイジアンネットワークのRパッケージを発表するなど、プログラミングが(学者というより)職人に近いものをもっています。しかし、数学の基礎をしっかりさせて、直感だけにたよらず、論理によって、真偽を見極める姿勢を身に着けるようにしてもらっています。