関根・深澤研究室 内田研究室 潮 研究室 乾口研究室

大阪大学大学院
基礎工学研究科
システム創成専攻
社会システム数理領域





Ushio Lab.

Fukasawa Lab.
Uchida Lab.

Sekine Lab.



Inuiguchi Lab.

金融資産の管理運用の合理化、国際化に対応する科学技術の開発は、金融工学・数理ファイナンスの研究を通じて行われます。時間の推移に伴う不規則で複雑な変動を解析し、そのような現象下での最適化を図るためには、確率微分方程式や統計的推測等の高度な数学の最新の成果を必要とし、それらにより得られる理論的な結果を実際の資産管理運用技術に適用するには、大規模で高速な数値解析技術が欠かせません。一方、最近のコンピュータ技術の発展に伴い、大規模なネットワーク化システムや高機能な組み込みシステムが出現しています。このようなシステムの解析・設計・制御のためには、従来のシステム理論・最適化理論を拡張する必要があります。さらに、知的で柔軟なシステムを構築するためには、計算知能化技術が重要となります。社会システム数理領域では、高度に数理的手法を駆使してこれらの技術開発に貢献する人材の育成を行い、またその研究・開発を行います。


当領域(基礎工学部、基礎工学研究科)に関する募集要項はここを御覧下さい (※現在掲載されているのは昨年度の情報です)。 なお、関心のある方はあらかじめ各教員に連絡するようにお願いします。 意欲あふれる学生諸君を待っています。


平成28年度システム創成専攻 数理科学領域・社会システム数理領域 合同説明会
大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻数理科学領域および社会システム数理領域の 合同説明会を 平成28年5月2日(月)13:00 から開催します。 基礎工学研究科の受験制度についても説明します。本領域の博士前期および博士後期課程への進学に関心を持っている学部学生および大学院生の参加をお待ちしています。 なお、資料準備の都合上、事前登録をお願いします。事前登録されていない場合には資料をお渡しできない場合があります。詳細および事前登録は こちら をご覧ください。



注意
  平成28年度博士前期課程(学部3年次学生を対象とした募集を含む)入学試験(一般選抜:平成28年8月実施予定)のうちの英語能力評価については、英語の試験を行わず TOEFL又はTOEICいずれかのスコアの提示により実施いたします。 詳細はここに公開される平成28年度博士前期課程(修士)学生募集要項[学部3年次学生を対象とした募集を含む] をご覧ください (※現在掲載されているのは昨年度の情報です)。 なお、数理科学・社会システム数理領域を志望する受験生は,TOEFL・TOEICスコア提出時に研究室希望調査票が配布されますので、記入して提出して頂くことになります。 予めパンフレットやwebページなどを閲覧することにより、数理科学社会システム数理領域内で希望する研究室を決めておいて下さい。 (平成28年度入試研究室希望調査票は現在準備中ですので、しばらくお待ち下さい。)




講座紹介→
修士論文タイトル一覧→
カリキュラム・進路状況→
所在地・連絡先→
パンフレット(pdf-file)
大学院前期課程入試問題(数理科学)→
大学院前期課程入試問題(知能システム学)→


←基礎工学研究科 
←大阪大学 

数理科学コース→
知能システム学コース→
数理科学領域→
システム科学領域→