基礎工学部 情報科学科 数理科学コースについて

※数理計量ファイナンス講座所属の教員が数理教室メンバーです。
数理科学コースは、数理モデル、統計数理、数理計量ファイナンスの3大講座から成っています。

数理科学とは、現象を表現する数理モデルの開発とその解析を通して現実に接近しようとする学問です。その目的のためには、高度な数学と、コンピュータ・シミュレーション、コンピュータ・グラフィックス、各種アルゴリ ズムの研究などコンピュータの応用が不可欠です。具体的には、微分方程式、応用解析、統計解析、データ科学、統計的推測決定、確率モデル、確率・数理ファイナンスの諸分野に重点をおいて研究と教育を行っています。

数理科学コース(旧数理教室)の歴史

1964年:初代学部長正田建次郎先生の構想から、応用数学、統計学、応用力学に関する3研究室から成る数理教室が発足。
学部内の数学に関する教育と大学院数理系専攻の教育に携わる。

1965年:計画数学研究室が新たに設置され数理教室は4研究室体制に拡大。

1994年:大阪大学教養部の廃止に伴い、教養部の統計学科目担当の教授2名が数理教室に加わり、数理教室は6研究室体制に拡大。

1996年:大学院重点化の際、情報数理系専攻の中にコミュニケーション数理講座が設置される。同時に学部改組で情報科学科数理科学コースが開設される。数理教室は7教授体制に拡大。

2003年:大学院改組が行われ、数理科学領域に4研究室(微分方程式グループ、応用解析グループ、統計解析グループ、データ科学研究グループ)を設置、社会システム数理領域・数理計量ファイナンス講座に3研究室(統計的推測決定グループ、確率モデル研究グループ、確率・数理ファイナンスグループ)を設置、現在に至る。

コース長 ご挨拶

石渡通徳
数理科学コース長 教授石渡通徳

大阪大学 基礎工学部 基礎工学研究科の数理教室のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。2021年度の基礎工学部情報科学科の数理科学コース長を仰せつかっています、石渡通徳(いしわたみちのり)と申します。数理教室は、数理科学コース以外に、大学院基礎工学研究科の数理科学領域、社会システム数理領域からなります。データサイエンス、数理ファイナンス、数理モデルの研究分野をカバーしています。

 

昨今、コロナ感染症が社会に大きな影響を与えていますが、コロナの感染状況の予測に数理モデルの解析が使われていることは、マスコミでもたびたび取り上げられるようになりました。自然や社会における諸現象について、その予測や制御を行おうとするときに数理的アプローチを取ることは、西欧近代科学の発祥からの強力な方法であることは良く知られています。日本もこの例にもれず、明治期に西欧科学を大幅に導入した後「モノづくり大国」として大きな飛躍を遂げ、国際的にも先進国の立場を占めるに至りました。最近では「ビッグデータ」「アルゴリズム」「AI」「機械学習」といったワードが実社会でも急速に注目されてきています。これらのワードの特徴は、「具体的なモノ」ではなく、「数理的概念」の名前である点で、現在は, 数理的な視点それ自体が社会の経済インフラの一つになる新たな時代の幕開けだと考える人もいます。

本教室ではこうした数理の諸分野について、かねてより理論的基礎から実社会への実装まで広く取り扱う教室として特色を持っており、幅広い分野の研究に携わる教員が研究・教育を行っています。今後ともこれまでに受け継いできた上記の側面を生かし、社会的使命を自覚しつつ研究・教育に貢献する所存です。何卒幅広いご支持を賜れますようお願いする次第です。